株式会社 モリーフは皆様の『安心』を創りお手元へお届けする損害保険・生命保険代理店です。

モリーフ佐藤です(^_^)

暑い日が続きますね。このなかで体調管理をするのは至難の業です。
みなさま、自分流の健康法を持っていますか?

最近、若い知人の不幸があり、健康管理の大切さを痛感しました。

そこで月に一回、ゴルフのプライベートレッスンに通うことにしたのですが、
これがとても勉強になるのです。

それも、ゴルフの技術ではなくて「モノゴトを教わる」ということについてです。

ジム・キャリーの「イエスマン」というオススメの映画がありますが、あれほど全てイエスとは言えないまでも
とにかく「素直に全て受け入れる」ということを第一に臨んでいます。

ところが、随所に出てしまう自分の「モノサシ」。囚われ、拘りとでも言いましょうか。
コーチ「ここをこうしましょう」⇒「ああ、テニス理論で言うあれだな」とか
コーチ「たぶんこうなると思います」⇒「自分は回転理論がわかっているから大丈夫」とか

言われたことを、言われた通りに、素直にやる・・・・ことが・・・・なかなか出来ない
形上は出来ているんです。が、我流なのです。

たかがゴルフのスイングのことすら、素直に聞けない。スイングを変えたところで生きていくことに1ミリの影響もないのに。

だから、ジム・キャリーみたいに、全て「YES!」と答えたとしても、人間の行動はいつもと10%も変わらないと思うのです。

そこで、レッスンくらい本気で素直になろうと、思ったのです。

すると。いとも簡単にできたことがありました。
(スコアとは別です)

もしかしてだけど
もしかしてだけど

素直って学びの極意かもしれないんじゃないの。